進行中の取組み

project

農業プロジェクト「UX Farmer’s Pitch」

UXプロジェクトでは、全国から事業者・起業家が集い、交わることで生まれるライフサイエンスに関するビジネスを持続的に創出するエコシステムの構築を目指す。UXプロジェクトで今後実施する様々な取組のモデル事業として「パイロットプロジェクト」を実施。本パイロットプロジェクトでは、新たな視点から発想されたビジネスアイデアと異業種とのコラボレーションを通じ、熊本における新たな農業分野のビジネス創出を目指す。

本取組みのポイント

● 農業分野におけるビジネスアイデアをピッチイベントで発表

● 登壇者(農業従事者)と聴衆(企業・研究者等)との事業連携、協業を推進

● 農家起点のオープンイノベーションと実証実験の機会の提供

※UX Farmer’s Pitchでの「ピッチ」とは、短い時間の中で簡潔な言葉を使用し、目的に応じて不特定多数の人に向けて行われるプレゼンテーションを指します。

概要

農業および農業周辺領域の新たな市場開拓に向けて、”農家起点”でのオープンイノベーション及び実証実験の機会を提供する予定。今年度は来年度以降に検討可能なプロジェクト案の創出を目指し、農業現場の視点からのビジネスアイデアと異業種との連携を目的とした発表会イベントを実施。

※UX Farmer’s Pitchでの「ピッチ」とは、短い時間の中で簡潔な言葉を使用し、 目的に応じて不特定多数の人に向けて行われるプレゼンテーションを指します。

イベント概要

●開催日時:2022年1月27日(木) 14:00-17:15

●会  場:くまもと森都心プラザ 5階プラザホール(熊本市西区春日1丁目14-1)

●主  催:熊本県(商工労働部 産業振興局 産業支援課)

●運  営:UXプロジェクト運営事務局

●開催方法:オンライン配信とし、会場開催の様子をYouTubeライブにて配信いたしました。

登壇者(農業従事者)と協業先イメージ

●有限会社阿部牧場/阿部寛樹(代表取締役)

 「チーズ製造時における発生する未利用資源ホエーの活用法について」

 協業先イメージ:化粧品メーカー、健康食品製造、大学などでの機能性の研究 乳酸菌の活用ができる研究機関など

●株式会社イノ P/井上 拓哉(農家ハンター☆ジビエファーム 施設長)

 「イノシシ未利用部位の活用と持続的なイノシシ被害対策」

 協業先イメージ:研究機関【イノシシの身体を成分分析可能な研究機関】、小売【医薬品販売に造詣が深い専門店など】、メーカー【医薬品(睾丸をサプリや漢方へ加工、成形可能な医薬品メーカー)】、企業【CSR 活動や SDGs としてジビエを社食で利用したい企業など】

●株式会社クマモト敬和/宮野 敬之 (代表取締役)

 「南阿蘇産ハーブを世界へ広げるプロジェクト」

 協業先イメージ:熊本大学薬学部、熊大インキュベータ、食品製造受託会社、製薬会社、ドリンク製造メーカー

●株式会社 hakken&高森町/竹井淳平(CEO)・村山広樹(農政課 係長)

 「堅実で実直で最も効果的な、行政とスタートアップによるイノベーションの土台作り」

 協業先イメージ:熊本県内自治体へ新規進出先の検討、地域の企業へ社会性の高い素材を使った社員向け福利厚生やノベルティ開発、食品メーカー /OEM へアップサイクルプロダクトの共同開発、金融機関へ事業へのファイナンス

●ハナウタカジツ/片山 和洋(代表)

 「届ける一箱につめる幸福量の最大化」

 協業先イメージ:県内の試供品を試したい方

実施スケジュール

1.事前準備

1-1.イベント内容検討

1-2.登壇者(農業従事者)募集

2.イベント開催

3.イベント終了後

・登壇者(農業従事者)と聴衆(企業・研究者等)とのマッチング

・協業事業の検討

・来年度以降に検討可能なプロジェクトを選定

 

問い合わせ先

UXプロジェクト運営事務局(農業プロジェクト)

メールアドレス:ux.project.info@gmail.com

その他のプロジェクト

同年度に進行したプロジェクトをご紹介します

骨折を予防し、健康な高齢者を増やし、地域経済を活性化させる

前期高齢者(65~74歳)かつ、所定の測定が可能な方を対象にモーションセンサーなどを用いたモニタリングやロコモ診断により転倒リスクを判定し、さらに問診などから得られる健康状態から骨折リスクを高める要因を分析。これらにより、転倒および骨折のリ

実施年度/2021年度

実施事業者/株式会社メディアラート

  • #健康に関するプロジェクト
  • #転倒骨折予防
  • #発声

自分のAngptl2を計測し、血液中の数値から病気のリスクの推測や体の老化度を捉え生活習慣を改善

継続的な治療を受けていない肥満型・痩せ型の45歳以上の男性20人を対象に血液中の「Angptl2(生活習慣病のリスク推測や体の老化度をとらえる指標)」と爪や毛髪の伸長速度およびウェアラブル端末を活用して行動履歴を測定し、それらの相関性を評価

実施年度/2021年度

実施事業者/株式会社再春館製薬所

  • #健康に関するプロジェクト
  • #生活習慣
  • #老化